2016年03月05日

悩まない、痛くて悩まないに!解消方法そして原因はどこに?

SAYA151005108415.jpg


あなたは、毎朝スッキリ感を感じますか?

あるいは最近特に気になっていませんか?

またお肌のトラグルとか毎日ぐったり感がひしひし
伝わってくるとか?



頑固で出なく下腹が痛くなったり、便秘によるトラブル
は大変ですよね!




便秘で悩んでいるのは、あなただけではありません。
20〜30代の女性の約7割が便秘に悩むことが調査で
明らかになった。



30代前後の女性を対象に調査を行いました。
147人を対象に実施したのだ。その結果、93.2%が



「身だしなみに気を使っているほうだと思う」
と回答したのに対して「便秘を解消し、腸をキレイに保つための
対策を常にしている」と回答した人は38%。以下は、


62%が「便通があったらやめてしまう」との回答だった。


16.7%が「やろうと思うがしていない」、6.4%が「特に関心がない」
答えた。



合計で73.4%の人が便秘に悩んでいることも明らかになった。
便秘の症状として(腹がポッコリになる)(下腹が非常に苦しい)


(肌が荒れる)などの回答がありました。



最近の若い女性は偏食やダイエットが原因で便秘
になる人が多いようですが、適度な運動をしたり



食生活に気をつけたり、ビフィズス菌や乳酸菌を



含むものを多くとるなど、定期的に排便するのが理想的ですね。
このような行動しても解消出来ないのが頑固な便秘です。


では頑固な便秘はどこに原因があるのでしょうね!


そしてどのような生活をしている方が便秘になりやすいので
しょう。早速調べてみました。。




☆不規則な生活を送っている人は便秘になりやすいです


生活が不規則だと自律神経のバランスが乱れ、腸の働きが
止まったり、便秘につながります。


現在社会は忙しすぎて、規則正しい生活を送るのは難しい
のが現状です。できるだけ規則正しい生活をしてくださいね。





☆ストレスを溜めやすい人は便秘になりやすいです。

精神的なストレスは、腸のはたらきに大きく影響します。


ストレスによって自律神経の働きが妨げらると、
胃腸の働きが弱まってしまいます。


便秘・下痢を引き起こす過敏性腸症候群は、ストレスの
影響もあるようです。




☆いつも忙しい、いつも時間に追われている

時間に追われて生活していると、便意を感じてもトイレに

行いかなくなり便秘になります。トイレにいきましよう!





☆水分不足ですね!

しっての通り水分は便を柔らかくし、通りを良くするのです。
水分を十分に摂っただけでお通じがよくなる場合もあります。



カフェインやアルコールを含む飲料は、消化器の水分を減らす
傾向にあるので、できればノンカフェインのものを選ぶのが
理想です。



また、便の硬さは水分と食物繊維の摂取量で決まります。
以上にように便秘になる要因はありますが、



苦しい便秘解消に至らない場合は、あなたに合ったサプリメント
など市販製品を上手に使い、スッキリ生活を取り戻してくださいね!
     ↓



posted by ジュンタロウ at 21:25| 痛くて辛い便秘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。